春日大学

アート プロジェクト, 2018
design web

実在(じつざい)

  1. 実際に存在すること。
  2. われわれがそう思うからそこにあるように見えるというのではなく、われわれと離れて別に、客観的に存在するもの。

架空の大学「春日大学」を、メディアによる表現を通して、現実世界の実体として再現するアート・プロジェクト。

筑波大学の情報学群の一部が所在する春日エリアは、飛び地となった立地や他エリアとの設備の違いから、学生の間では揶揄を込めてしばしば「春日キャンパス」「春日大学」と呼称される。春日大学の実体は勿論「春日エリア」であるが、学生同士の会話・やりとりの中では「春日大学」は一般的な呼び名として通用しており、そこには共通の認識としての春日大学の実体が、おぼろげながらも確かに存在する。

この取り組みでは、抽象的で非視覚的なものに過ぎなかった春日大学の存在を、具体的で視覚的なデザイン・コンセプトとメディアで補強することで、さらにゆるぎのない実体として存在し得るようにすることを狙った。「中心地から遠く離れている」「全学的な福利厚生も多くが例外的な取り扱い」「同じ大学とは思えない」など、ほんの数点の共通認識を核として成り立っていた春日大学に、より豊かで具体的な「事実」を創造して添えることで、さらに多面的な共通イメージを作り出すことができる。

このようにして実体化が進められた春日大学は、果たして本当に「実在しない」と言い切れるのだろうか?多くの人が共通のイメージを持っているならば、それはその対象が実体として存在することの証明とはなり得ないだろうか?実際のところ、春日大学は私たちの信じるイメージそのもので成り立っているので、それを実在と呼ぶことは残念ながらできないだろう。しかし、私たちの存在から離れずに、また私たちがその存在を信じる限り、春日大学はなお確かに存在する。宗教のようなものと言ってもよいかもしれない。

https://www.kasuga-ac.jp

design web