Works

住人たち

Kazumi Inada, 2019 / Installation
Play
Play
Play
Play
Play
Play

人々の住処の明かりの明滅を、使われなくなった建物の窓のそれに同期させ、人々が生活を通じて織りなす社会の動きを俯瞰的に観察することを可能にするインスタレーション。各部屋に対応するデバイス<カギ>が、インターネットを通じて明かりの情報を収集している。

自分や自分が属する社会は自らの肉体を使って真に客観的に観察することができない。本作はこれを計算機や装置を用いた投影によって可能にしようとする試みのひとつである。

Resources

作品の準備・設営の様子をメイキング記事として公開しています。

Awards

Installation

Kazumi Inada, 2019

平砂アートムーヴメント2019「ここにおいて みせる/みる」の展示作品として製作。建物は筑波大学平砂学生宿舎9号棟で、老朽化によりすでに使われなくなったもの。

  • art
  • installation
  • electronic
  • exhitbition-ham19