Instant Sympathy

I/O (Kazumi Inada + Takuto Okamoto), 2020 / Interactive Video (loop)
Play
Play
Play
Play
Play

インターネットでのユーザーの行動を分析し、オンラインの世界に広がる社会構造を明らかにするシミュレーション作品。

現実空間と平行に存在する「オンラインでの社会の構造」を可視化し、そのふるまいを観察する手段を作ることを目指したもの。任意のコミュニティに属する人々のSNSでの行動を集め、その関連性を推測したグラフィックを生成する。

2018年より筑波大学の学生を対象としてデータセットの構築をおこない、2000人〜3000人のデータを常時収集・処理しながら稼働している。

岡本太玖斗とのユニット「I/O」での制作。グラフィック・音楽デザインを岡本が、コンセプト・技術を稲田が担当している。

Resources

Awards

  • International Students Creative Award 2020 ノミネート

Interactive Video (loop)

I/O (Kazumi Inada + Takuto Okamoto), 2020

岡本太玖斗とのユニット活動「I/0」による作品。本作品では音楽・デザインを岡本が、原案・アーキテクチャ・グラフィックを稲田が担当した。

  • art
  • video
  • io
  • takuto-okamoto
  • exhitbition-ham19
  • exhibition-mastival